「萌えキュン」の凄いところ ~プライベートな一日~

記事の前にお知らせです

ご予約状況

下記のGoogleカレンダーでご確認をお願いします。


↓ 記事はこちら ↓

.

こんにちは!
昨日から4日間のメンテナンス休業に入っております。
船のメンテもしないとですが、まずは僕らのメンテナンス。
マッサージ?いやいや、普段仕事で利用させてもらっているフィールドを遊びで潜るのも我々にとっては心のメンテナンスなんです(^^)

丁度タイミングよく、リピーターのH様がキャノンの最新ミラーレス一眼を数台購入されて、今まで使っていたカメラを安く譲ってくれることになりました。僕は持っていましたが裕美はコンデジのみだったので、今年は買ってあげようと思っていたんです。が、超破格のお値段で譲ってくださるとの事で即買いです。手に入ったとなれば使いたくなるのが人間の性。休日初日に体に鞭打って遊びに行ってきました。休日に自分の船で好きなポイント言ってフォトダイブ三昧。なんて贅沢なんでしょう。いや~贅沢だ。

今回チョイスしたポイントは、個人的に一番大好きなポイント。その名も「萌えキュン」。
昨年12月にようやく見つけたスペシャルなポイントです。今まで生物の豊富な名蔵湾には目をつけていて、気になるポイント(エリアや根)には調査に入っていました。名蔵湾は沈水カルスト地形という世界的にも珍しい構造でして、場所によっていろいろな顔があるんです。浅い根も多く、各ショップがオリジナルポイントを開拓して使用しています。なので、そういう場所は勿論避けて調査しています。そんな事を何年も続けてようやく手にした極上ポイント!

このポイントの何がそんなに凄いのか、を熱弁してもそ共感してくれる人はそうそういないと思います。が、この機会に話ししましょう☺️



「萌えキュン」の凄いところ その①

「萌えキュン」の凄いところ その②

モエギハゼがうじゃうじゃいます。
全て数えた事はありません、だって数えきれないんですもの。
10匹.20匹とかそのレベルではありまりません。桁が違います。
水深もモエギにしては浅めで皆さんびっくりされます。
国内では恐らく石垣島と西表島のみ観察されていますが、西表はかなり深いらしい。
モエギハゼ見るなら、石垣島が最も適していると思われます。

「萌えキュン」の凄いところ その③

名蔵湾にスミレナガハナダイがいる!
近くの大崎エリアではこやつはよく見られるのですが、名蔵湾エリアではほとんど見られないんです。このポイントのスミレちゃんは大崎エリアとほぼ同じ水深になってしまいますが、別のオリジナルポイントでは12mで見られる場所もあるんですよ。
タンザクとモエギだけで充分なのに、スミレちゃんも楽しめちゃうんです。素敵。

「萌えキュン」の凄いところ その④

なんと、ハナゴンベまで見られるんです。
幼魚一匹とかであれば、名蔵の他のポイントや大崎エリアでもあるかもしれません。
しかしここでは成魚が群れております。こんな場所他に無いでしょ!
わかってくれるかな~ わかんねぇだろうな~

「萌えキュン」の凄いところ その⑤

ニシキテグリも見られるんです!
雑な写真で申し訳ございません。。
この子に充てられる時間がなく、完全な証拠写真です。
幼魚は少ないのですが、成魚は集中力と忍耐力があれば見られますよ(^^)/
大崎エリアでは見られません。名蔵湾の特権であります。

「萌えキュン」の凄いところ その⑥

ポンちゃんの成長が見られるんです!笑
ポンちゃんと名付けた小さなカクレクマノミとイソギンチャクがあります。
初めて見つけたときは1センチ無いほどの極小サイズでしたが、一年で結構大きく育ちました。途中イソギンチャクの白化で危機に陥りましたが、水温低下でイソギンチャクも元気に。今はチーちゃん&カンちゃんも加わり3匹で仲良く暮らしております。
後ろのサンゴが映えるでしょ!

「萌えキュン」の凄いところ その⑦

フタホシホシハゼやイッテンホシハゼが見られる!
徐々にマニアックになっていきますがお付き合いください。
この類のハゼは名蔵湾でも特定のエリアや環境でのみ見られます。大崎エリアでは見たことはありません。あまり知られていないハゼでして、これ見たいというダイバーさんはそれなりに変態なんだと自覚してくださいね。笑

「萌えキュン」の凄いところ その⑧

このへんから、ベラがヤバいシリーズ始まります。
まずはベニヒレイトヒキベラが見られる!です。
大崎エリアでも見られるのですが、モエギハゼのポイントでとなると、出会える可能性は極端に低くなると思います。ここではハレムを形成しているのでオスのディスプレイも見れます。水深は20m半ば程度~。今回は撮影時間の関係上、これが精一杯でした(^^;)

「萌えキュン」の凄いところ その⑨

ゴシキイトヒキベラが見られる!しかも13m!!!!!!
浅すぎる!浅すぎるんです!!
好きな魚って何とよく聞かれますが、全部好きとか曖昧な返事をすることが多いです。でも実はイトヒキベラの仲間はかなり好きなんです。撮るのめちゃくちゃ難しいですし、紹介するのも難しいんです。なので、ブリーフィングがめちゃくちゃ大事!
でしっかりブリーフィングしても、水中でいざ紹介すると最初はなんとなくわかってもらえますが、ちょっと目を離すとどこに行ったか分からなくなってしまう。なので、また教えに行く。この繰り返しになる事が多いんです。だから、本当にベラ好きもしくは熱意のある方にしか紹介しないようにしています。
ちなみにこの子は、オスのノーマル色。
とにかく、かなり広範囲を動き回ります。いろんな被写体がありますが、イトヒキベラの仲間はトップクラスに難しい被写体です。
そして、メスへのディスプレイが始まると、体色が変貌し動きは数倍速くなります。ドラゴンボール知っている人なら、界王拳くらい早くなります。もうこうなるとシューティングゲームの域で、ピント合わせて写真撮るのは運も絡んできます。
本当はもっと凄いのを撮ってやると意気込んでいたのですが・・・
悔しい・・・ 挑戦者求む!!

「萌えキュン」の凄いところ その⑩

イトヒキベラが見られる!こやつも13m!!!なんて浅いんだ!!!
イトヒキベラって関東の海にもいるのですが、石垣島でも見られます。
でも、カラーリングが少し、いや全然違うんです。有識者に聞いたところ、国内では3タイプが確認されているそう。その中の1つであるフィリピンタイプだそうです。
英名はブルーストライプフラッシャーラス。カッコいいからこっちで呼んでいます。
ディスプレイ時は、ゴシキイトヒキベラと酷似しています。
はじめは、ゴシキイトヒキベラだと思っていたのですが、ノーマル色があまりに違いすぎるんです。ここでは数匹のオスが生息しているので、観察しやすいですよ!
めちゃ速いですけどね(^^;)
この子もブルーストライプと思われる個体のディスプレイ時の体色。
今度遊びで潜った時の目標が出来ました。もっと格好よく綺麗に撮ってあげるよ!

「萌えキュン」の凄いところ その⑪

今回写真撮る時間ありませんでしたが、同じく13mでツキノワイトヒキベラが見られます。
他のポイントでも見られますが、水深が20~25m程度とやや深いんです。ここは浅すぎ!
数もそこそこいるので、オスのディスプレイも楽しめますよ(^^)

「萌えキュン」の凄いところ その⑫

ホカケハナダイが見られる!!
「萌えキュン」ファンの皆様、新人のお披露目でございます。
今回ベラと戯れていたら、レアなホカケハナダイを見つけました。
水深は、同じく13m!!! なんでこんなに浅いんだ!!!
いつもベラにしか目が行っていませんでしたが、プライベートという心のゆとりもあり、不意に目に入ったんです。見つけたときは声が出ましたよ。
実は、絶対このポイントのどこかにいるはずと思っていたんです。
以前別の場所で見つけた場所と環境がとても似ていたんです。
一番はマツバスズメダイ。この魚が群れているポイントでは・・・フフフ

折角の機会なので、存分に撮影させて頂きました。水深も浅いしね(^^)
ホカケハナダイって、凄く立派な背ビレを持っているんです。
ヨットの帆のような大きな背ビレです。
これが開かないとただの地味なお魚にしか見えないんです。
なので、撮影時はヒレを開くのを待っていました。
しかし、周りを良く見渡して気付きました。メスがいない・・・
オスだけがどこから流れてきた可能性が高いです。もしくは、もう少し深い場所にハレムがあるのか。。とにかく13m付近にはこのオス1匹だけでした。
という事は、ディスプレイは見られません。たまたま開いたところを狙うしかないんです。
お!もうちょっと!!!
もうちょっと もうちょっと!
頼むから開いてくれ~~~~

とやってる間に、引っ込んでしまいました。
引っ込んだ後に、隙間から顔を出して様子を伺っていました。
開くんかい!
と、ベラにもハナダイにも翻弄されたダイビングとなりました。

「萌えキュン」の凄いところ その⑬

普通種の可愛い子も結構いる!
今回紹介するために撮った生物はちょっとマニアックですが、普通種の可愛い子もたくさんいます。最近ですと、ミナミハコフグの幼魚やルリホシスズメダイの幼魚、ハナダイ系はキンギョハナダイ&ハナゴイ、ネオンテンジクダイにそれを狙うハダカハオコゼ、ミヤケテグリも多く、ベニハゼもホシクズ・オキナワ・チゴと揃っています。カエルウオもいるし、サンゴの綺麗な場所もあるし、普通に潜っても十分楽しめるポイントです。というか、1ダイブじゃ勿体なさすぎるほど。こんな素敵なポイントに出会えて本当に良かった!

ちなみに、たぶん生息しているはず!と思って探しているのが、クジャクベラとハリオイトヒキベラ。バイオレットボクサーシュリンプやザンジバルボクサーシュリンプもきっといると思う。そして魅惑のハナダイも・・・

とりあえず、クジャクベラとハリオイトヒキベラは大崎エリアで見られるので、船を移動させて挑戦してきました。

ハリオちゃん、可憐で美しいお姿でした☆
ヒレ全開は無理でしたが、やっぱ好きだな~~。
クジャクベラはあまり近寄れなかった・・・

ここは25m。萌えキュンで窒素溜まりすぎて、全然戦えなかった(>_<)
クジャクも綺麗なの撮りたいな~~。次回は必ず!!

こんな一日でしたが、思う存分に心のメンテナンスが出来ました(^^)/
時間があればですが、もう一日くらい遊びで潜りに行きたいな~~。。

BY たけ